ヨコハマトリエンナーレ2005 “YOKOHAMA TRIENNALE 2005″

横浜トリエンナーレ2005-アートサーカス-「毎日森」
YOKOHAMA Triennale 2005 -Art circus- “Forest every day”

 

鑑賞者は靴を脱いで作品内に入る。宙に飾られたぬいぐるみは、古着を使って作家とボランティアが毎日展示場所で製作したもの。気に入ったぬいぐるみを、一人につき一体1000円で購入することもできた。
 
製作室の壁は黒板になっていて、チョークを使っての落書きも可能。周りに設置した円卓には日記帳・ペン等が置いてあり、鑑賞者が書きたいことを自由に描いてもらった。(ENGLISH
 

安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 

安部泰輔 毎日森
安部泰輔 毎日森

 
会期中の82日間、毎日休むことなくぬいぐるみを製作し続けた。

 

 

The viewers takes off his shoes and enters the space.
The stuffed animals decorated in the air were made by artist and volunteers using clothing at the exhibition place every day.
The viewers was able to buy a favorite stuffed animal for 1000 yen per person.

The wall of the production room is blackboard, and The viewers can also do graffiti with chalk.
A diary, a pen, etc. are placed on the round table installed around, and the viewer can freely draw what he wants to write.

 

YOKOHAMA 2005: International Triennale of Contemporary Art [Art Circus]
September 28–December 18, 2005(Open for 82 days)
http://www.yokohamatriennale.jp/english/archive/2005/index.html